SWOT分析

SWOT分析とは自社の現状を明らかにし、経営戦略・事業戦略の策定のために利用される伝統的なフレームワークです。本分析によって自社のドメインエリア(強みを発揮できる場所)を明確にし、マーケットセグメントによる自社事業と他社事業の棲み分けを行うことで、成長のためのベクトルを私達と共有することを目的とします。
企業毎に必要な税務・会計情報は異なりますが、ベクトルを共有することで、より効率的で有益な情報を提供することが可能となり、顧問として常に数字を把握できるとうい税理士の特性を活かし、長期に渡るサービスをご提供します。

 財務分析・多様なアプローチによる損益分析

財務分析は企業の状況を測る指標として金融機関の融資審査で利用される他、自社の状況を客観的に測ることができる有益なデータとなります。現状を把握し、問題点の洗い出し、目標設定を行い財務体質を強靭なものとするご提案をします。業態によって必要となる会計情報は異なってきますが、一つの取引についてより多くの情報を保有することで、様々な切り口で損益の分析が可能となります。しかし市販の会計ソフトは登録できる情報に限界があることが多いため、企業ごとに独自に情報の管理を行う必要があります。当事務所では効率的な情報管理の方法、有益なセグメント別損益管理資料をご提案します。 

月次損益管理・キャッシュフロー分析

企業の経営状況を把握するために、月次損益管理はスピーディーに行う必要があります。また損益の結果だけでなく、近況の事象など踏まえた予算管理も併せて行うことで、将来の損益・資金繰りの状況、予想税額の試算などが可能となります。企業の成長には現在の自社の状況を把握し、将来の予測を行い、必要に応じて新たな施策や軌道修正を行いながら経営していく事が重要と考えます。当事務所では決算早期化のアドバイス、損益・キャッシュフロー推移の作成支援、予想税額の計算など、実績だけでなく予算も考慮した管理資料をご提案します。

Copyright © 2017  lizpartner accounting office All Rights Reserved.